言語は人の歴史:学ぶ上での自覚するべき事

英会話レッスンONLINE編:世界でやはり憧れの的はアメリカの英語. イギリス人でさえ意識している人は多いです。そこで少しアメリカのお話も含め記載させていただきます。

ネイティブという言葉の使い方


アメリカの先住民はアメリカンインディアンといわれ英語を使用していなかった民族です。 一般的にその民族を(ネイティブアメリカン)と呼びます。 イギリス人の侵略により英語が盛んになりました。 北米(アメリカ)では数10州が英語を公用語と規定している様です。 第一母国言語 公用語がある以上 その国の人種はネイティブENGLISHスピーカとは言えません。
“ネイティブ”という言葉だけをとらえるとすべての民族人類がそれぞれネイティブです。




アメリカの移民


  • 2016年の米国の外国生まれ(移民)人口は全体の5分の1.不法滞在1000万人近く推定
  • 移民とはアメリカ人との結婚で米国に居住/家族米国人以外の子供が米国に居住/他仕事など
ネイティブ=言語力が100%と定義します。 言語というのはそこで生まれ育ったからそこ国のネイティブになるのです。
日本で生まれて幼稚園,小学校,中学校,を経験していたからこそ通じ、理解できる基本的な感覚、みたいなのがあります。 学力でなく知識でなく 歴史から得る感覚からセンスが形成され、年齢相応の発言力 表現力ができるようになります。
生まれてからの歴史 感覚 センスすべてが言葉として現れる。それが言語です。
その経過を削除した場合その違和感は大きいものです。
ネイティブは100%であって当然であることが言えます。
従ってある程度年齢がたち何十年米国にいようが移民はネイティブENGLISHスピーカにはなれません。
  • 家庭環境含め 耳に入るすべての音がネイティブ英語でない環境が成長を妨げる影響がある
  • 両親が移民でアメリカで生まれ育った方の意見も含め4歳以降米国に移住しても100%にはなれないと言われています。
TOEICのスコアとかの問題ではないのです。
教科書で出てこない学べない要素 ネイティブ要素にはそれが大半含まれているのです。 英語圏外で生まれ育って教養が凄くあり長年米国に移住したとしても米国で生まれ育って学力 教養がほぼない側がネイティブなのです。 言語の響きは99%と100%の差さえとてつもなく大きいのです。




アメリカの最低賃金


米国内 最低賃金引き上げられたデータ。 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/01/f2094adb38a44140.html ちなみにオレゴン州では最低賃金10ドル/H 時給日本円1200yenです。 オレゴンにある、職業紹介所の田舎の情報でさえ/在宅英語レッスン時給18ドル(経歴要)日本円 2000yenです。/日本のように照会内容と就労後手当て給料が違うという問題は聞いたことはございません。 不法滞在1000万人近くは正当な職場に就けないので安い賃金で不法滞在者外国人の輪の中の仕事しかない。




他社英会話オンラインのENGLSIH SPEAKERといわれる講師の時給


日本にある他社 在宅ONLINEレッスン2クラス分の講師の時給
おおよそ時給4ドル前後 時給4百円代が現状です。
アメリカ在宅で殆どの州で時給4倍以上の求人があるのに選ばれにくいですよね。
某アメリカにある日本人向けENGLISH ONLINEサイトは時給6ドルほどです。お客様の価格はその倍近くです。




日本の英会話online会社自体がネイティブかどうかまでは判別できない


  • 仕事がもらえるなら移民もネイティブのふりも必要。
  • 日本の数ある英会話会社もネイティブかどうかまでは判別できないし こだわっていない。
  • ほぼ講師の自己紹介は過剰に作り上げた内容。





上記の簡単な情報だけでも現存する日本にある英会話Onlineには 本当のEnglish スピーカーが少ないのが理解できますでしょうか。

ビジネス上 ネイティブという言葉を乱用しているのが現実です。

これに気付かない日本平均英語能力は未だ低いと思わざるえない状態

ネイティブという言葉の使い方


アメリカの先住民はアメリカンインディアンといわれ英語を使用していなかった民族です。 一般的にその民族を(ネイティブアメリカン)と呼びます。 イギリス人の侵略により英語が盛んになりました。 北米(アメリカ)では数10州が英語を公用語と規定している様です。 第一母国言語 公用語がある以上 その国の人種はネイティブENGLISHスピーカとは言えません。
“ネイティブ”という言葉だけをとらえるとすべての民族人類がそれぞれネイティブです。




アメリカの移民


  • 2016年の米国の外国生まれ(移民)人口は全体の5分の1.不法滞在1000万人近く推定
  • 移民とはアメリカ人との結婚で米国に居住/家族米国人以外の子供が米国に居住/他仕事など
ネイティブ=言語力が100%と定義します。 言語というのはそこで生まれ育ったからそこ国のネイティブになるのです。
日本で生まれて幼稚園,小学校,中学校,を経験していたからこそ通じ、理解できる基本的な感覚、みたいなのがあります。 学力でなく知識でなく 歴史から得る感覚からセンスが形成され、年齢相応の発言力 表現力ができるようになります。
生まれてからの歴史 感覚 センスすべてが言葉として現れる。それが言語です。
その経過を削除した場合その違和感は大きいものです。
ネイティブは100%であって当然であることが言えます。
従ってある程度年齢がたち何十年米国にいようが移民はネイティブENGLISHスピーカにはなれません。
  • 家庭環境含め 耳に入るすべての音がネイティブ英語でない環境が成長を妨げる影響がある
  • 両親が移民でアメリカで生まれ育った方の意見も含め4歳以降米国に移住しても100%にはなれないと言われています。
TOEICのスコアとかの問題ではないのです。
教科書で出てこない学べない要素 ネイティブ要素にはそれが大半含まれているのです。 英語圏外で生まれ育って教養が凄くあり長年米国に移住したとしても米国で生まれ育って学力 教養がほぼない側がネイティブなのです。 言語の響きは99%と100%の差さえとてつもなく大きいのです。




アメリカの最低賃金


米国内 最低賃金引き上げられたデータ。 https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/01/f2094adb38a44140.html ちなみにオレゴン州では最低賃金10ドル/H 時給日本円1200yenです。 オレゴンにある、職業紹介所の田舎の情報でさえ/在宅英語レッスン時給18ドル(経歴要)日本円 2000yenです。/日本のように照会内容と就労後手当て給料が違うという問題は聞いたことはございません。 不法滞在1000万人近くは正当な職場に就けないので安い賃金で不法滞在者外国人の輪の中の仕事しかない。




他社英会話オンラインのENGLSIH SPEAKERといわれる講師の時給


日本にある他社 在宅ONLINEレッスン2クラス分の講師の時給
おおよそ時給4ドル前後 時給4百円代が現状です。
アメリカ在宅で殆どの州で時給4倍以上の求人があるのに選ばれにくいですよね。
某アメリカにある日本人向けENGLISH ONLINEサイトは時給6ドルほどです。お客様の価格はその倍近くです。




日本の英会話online会社自体がネイティブかどうかまでは判別できない


  • 仕事がもらえるなら移民もネイティブのふりも必要。
  • 日本の数ある英会話会社もネイティブかどうかまでは判別できないし こだわっていない。
  • ほぼ講師の自己紹介は過剰に作り上げた内容。





言葉は人に対して効力性があり繊細な武器である。
人の成長の都度その先の新たな可能性に向かう。
その成長の促進力を高める武器の一つが言葉の能力でもあります。
english-ametalk.comはボランティアを通じて
他社にない良いサービス
お客様の成長をさらに少しでも伸ばすことを約束します。