Contact

© 2019  アメトークENGLISH

PO.BOX.745 Northbend 

Oregon,United states 97459

Tel: +1541-234-5678

質問QICK送信

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

​ノースベンド,オレゴン州,アメリカ

ビザサポートに関する会社側の条件

【アメリカの就労ビザ種類】
就労ビザには 多数再分化されますが 一般人にはH、E、Lが最も多いでしょう。

J1は就労ビザではなく,ほんの僅か限られた職種の研修の為

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typework.asp
それぞれ申請条件,意味,就労条件の有無は異なります。

取得には基本ハードルが高いです。

申請者の能力以前に 第一に雇用事業者から就労ビザをサポートされる事が前提になります。
サポートされる側が存在しないと申請自体無効になります。

【だれでも就労ビザを他人にサポートできない】
ざっと書きますが

  • 限られた職種限定

  • 限られた州に設立

  • 年商、年収が条件以上であること

  • アメリカ国籍の人の雇用を常時一定人数以上証明できること

  • アメリカ国籍の1人の給料が一定以上

  • 上記条件を数年分証明できる事

上記は就労ビザを他人にサポートできる事業者の最低条件です。

【就労ビザサポートが出来る事業者,会社の例】

  • 日系の一部の大手企業

  • 海外から相当学位の高い人材を求めている大手企業

アメリカ人経営者以外という理由によって更に難易度が増します。

【就労ビザをサポートができない事業者,会社】

  • 職種やアメリカでの所得納税額が移民法の指定条件に満たない,

  • 法人税、所得税を納税してない組織

  • 個人事業

  • ​米国に対しての貢献性が薄い

飲食店を数店舗経営している小規模事業者では就労ビザサポートなどげんじ不可能です。

【就労VISAサポート側の資格 難易度】

大手企業ですら条件をクリアし、ビザを一定期間のみサポート成功し、次の年クリアしてたにも関らずサポートする資格自体 却下されるという事例がありました。新規にアメリカで会社を設立したからといってビザサポートする事が簡単になるものではありません。例えでいうと一個人が宝くじで数億円当たったとしても、それを理由に就労ビザはサポートできません。又申請側も取得することは出来ません。

サポートする為に一人の人材に対して事業者側が支払う費用と義務は莫大です。
その出費に見合う優秀で事業者に利益をもたらす人材でないと、費用やリスクをかける価値がありません。


個人店及び、大手企業を除く飲食店など(売り上げが基準値より遥かに低い上に利益率が低いビジネス)は就労ビザサポートは不可能でしょう。

誰に対してでも就労ビザサポート出来る事業者は存在しないでしょう。